2017年12月06日

ダッフィーツリー

我が家の「ダッフィーツリー」飾りつけました。
IMG_20171206_120732.jpg

先日「まぁ様、さよなら〜(´;ω;`)ウゥゥ」
とライブビューイングに行ったのが11月の下旬でしたが、
更新しないうちに、師走になりました。
寒いし、朝真っ暗だし、息白いし
上等な冬の到来です。
寒いのは苦手です・・・
20171206_125921.jpg
(犬も寒し・・)

稽古場も暖房が入りました。
大変ありがたいのですが、ちょっと動くと
汗だくですな。
わが「レビューチーム風」はただいま
絶賛、振付、振り起こし中なんで
真夏よりいいのかなぁ・・
帰りは汗も引き、今度は風邪を引くのが恐ろしい
今日このごろです。

そんななか、「熊日文化スポーツ基金」
に助成して頂けることが決定し、感激しております。
代表に書類を書いて頂き、会計を添えてお願いしたことを
認めて頂き、嬉しい限りです。
大事に使っていきたいです✨

さて、前回の長ブログの最後のほうに、
「彷徨のレクイエム」の内容を誰か教えて欲しい、
と書いていたのですが、スカイステージのディスクが出て参りました。
2部は割愛してありましたが(関テレの制作)
見ながら、本当に懐かしく思い出しました!!
2部は確か、昔の恋人を亡命させる話じゃなかったかなぁ・・
ここはどなたか、教えて頂きたい・・
歳がばれますが、確か高2位でした。
当時ベルばらの大ヒットで、
絶好調だった、巨匠植紳先生の御作です。
ちょいちょい、ベルばらネタを突っ込んでくる辺りが
時代を感じさせますな。
イーちゃんこと、寿ひずるさんが
第1部は単独主演しているのも、今じゃ考えられないし
4人の皇女を当時のプリンセス
鳩笛真希、美風りざ、草笛雅子、毬谷友子諸姉が
それぞれ担当してます。花のようですね。
皆、美しくて憧れでした。
あれ?というシーンがなくはないけど
哀しい、緊迫感のある第1部です。
色々な伏線がここにあって、2部、3部につながっていくという展開。
2部はターコさん(麻実れいさん)がピアノ弾いてたよなぁ
それで、人妻となっていたモックさん(遥くららさん)
を助けてあげたんだと、たぶん思います。
いよいよ第3部は、モックさんの女優ぶりがさく裂です。
この方、本当に素敵でした。
内容は前回書いた「追想」です。
余ったポイントで、DVD買いました!
IMG_20171206_125001.jpg
(まだ見ていない)
これで一連のもやもやから、解放されることと思います。

昔のことが気になるって、
歳とった証拠でしょうね。
それをそのままにしておけないのが、
私の面倒くさいところです。
自覚済み・・<(_ _)>
posted by つくし at 13:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月22日

まぁ様のラストデイと映画の話

11月19日は、我がレビューチーム風の代表、
洋海純氏の誕生日だったのですが、
「まぁ様」こと、朝夏まなとさんの卒業の日でもありまして、
稽古はお休みで、代表と共に、ライブビューイングを見て参りました。
宝塚のトップスターって、本当に凄いです。
1組80人くらいですかね、今。
その頂点に君臨してる、あの圧倒的なスター感。
とくに、まぁ様は「宙組の太陽」ですから
まぶしく輝いておりました。
その卒業公演は「神々の土地〜ロマノフ達の黄昏〜」
重厚な文芸作品という感じで、一筋縄ではいかないドラマでした。
作者(上田久美子先生)を含め、あらためて宝塚の底力を見たようで、
「宝塚といえばベルばら」を打ち破る
硬派な作品で私は好きでしたし、これがさよなら作品のまぁ様、
明るい雰囲気の人がこの悲劇の中で真摯に演じてる様子は、
いっそう素敵でした。
ショーは「クラシカルビジュー」です。
宝石です。
ラスト近く、「惑星」で
ずっと踊っていたのが心に残りました。
シンプルな燕尾、女役さんたちは白ドレス、
ビジューということで、豪華な衣装もたくさん登場しましたが
最後はこれに尽きます。
まぁ様は手の先まで美しく、後光が差しておりました・・。
IMG_20171122_133411.jpg
スカイステージより。

そのあとのさよならショーも見ごたえがありました。
今になってマイブームの「王家に捧ぐ歌」
からスタートしたのも嬉しかったし。
実際にちゃんとまぁ様を認識して見た舞台は
「銀河英雄伝説(博多座)」「風と共に去りぬ」「王家に捧ぐ歌(博多座)」
そして「Shakespeare〜空に満つるは、尽きせぬ言の葉〜/HOT EYES!!」
です。あとは映像ですね・・・
去年はみっちゃんこと、北翔海莉さんのライブビューイングで
涙に暮れてましたねぇ。
今は本当に、良い時代になりました。
その空間にいられないとはいえ、遠隔地でも
チケット買えなかった大多数の人でも生中継で見られるんですから・・
まぁ様の今後に幸多かりしことを祈りつつ
いよいよ熊本出身の真風涼帆さんがトップになられる
のは、楽しみです✨

さて、さよならショーの中で、まぁ様、
主演された「TOP HAT」の「チークトゥチーク」を歌われました。
この曲が自分にとって懐かしいのは
大好きな映画「カイロの紫のバラ」
1511325679785636853964.jpg
のラストシーンに流れているからであります。
失意のヒロイン(平凡な主婦という設定ですが、ミアフェローはキュートです)が、
再び大好きな映画館に戻ってくると
そこで上映されてたのが「TOP HAT」。
映画に魅せられ、希望を取り戻す―というシーンで
アステアとロジャースの映像と共に流れております。
まぁ様とみりおんちゃんの映像はそれこそないので
ぜひ見たかったですね、著作権の関係でしょうが
残念です。

もうひとつ、映画といえば
「追想(アナスタシア)」です。
「神々の土地」ではロマノフ家やその宝石について
代表にレクチャーして頂き、興味深く見ることができました。
そして、断片的な記憶しかなかったのですが、
「何かロシアの皇女の話だった・・・」
昔見た映画を、もやもやと思い出した訳です。
調べるとイングリットバーグマンと、ユルブリナーが主演しておりました。
ニコライ2世の末娘、「アナスタシア」
が生きているという、当時の伝説を元に作られたそうです。
これ、また見てみたいです。

なんと、長いブログになりましたが
「彷徨のレクイエム」という宝塚の作品、
覚えておられる方いますかね・・・
スカイステージを私は見逃がしたのか
実際に見たのは高校生だったので
これも記憶があやふやですが、ロシアで
処刑される一家を救い?(寿ひずるさん演じる軍人さん)
娘たちが血染めの衣装で泣きながら逃げていく・・
そして第3部では、くだんのアナスタシアが登場し
ほぼ追想の映画と同じような展開で・・・
知ってる方は教えてほしいです!
まぁ様からちょっと離れましたが
また、映画については日記として、いつか書きたいとおもいます💦
posted by つくし at 13:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月16日

振りおこし〜その2

12日、日曜より15周年公演に向けての
稽古が始まりました。
えっと、宿題でした日舞の振りおこしは
ちょっと怪しかったけど
どうにかクリア❗
あとは細かいところを追々研究して
うまくなるよう、詰めていきたいです。

さて次回はまたお休みなので、
第二の宿題が・・・
カイ師匠は新しい振付、
そして私とまっさんこと美咲綾には
過去の振りおこしである。
ailove.JPG
↑これだ。
実はこの時も、振りおこし係に私とまっさんは任命されまして、
四苦八苦して過去のBlu-rayと格闘したのである。
なんで苦心して覚えたことを、こうも簡単に・・(以下前回記事と一緒💦)
己の記憶力の低下が嘆かわしい今日この頃である。
反対側に立ってるから、まっさんを見るとか
ズルできないし・・頑張ります。

今日このごろといえば
寒くなってきましたね、特に朝。
夜明けは遅いし、今週より反射板タスキが登場。
わんこと散歩しております。
わんこも寒いのか、くしゃみするし。
IMG_20171116_115822.jpg
窓辺で日向ぼっこ中。

ずっと進まなかった、後援申請もやっと完成。
代表がチラシ作成も完成させておられるので、
急ぎました。
IMG_20171116_111258.jpg
半年なんてあっという間です。
こうやって歳をとっていくのね・・・💧
posted by つくし at 12:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする